Open post

「ご近所論」錦戸俊康写真展

「ご近所論」錦戸俊康写真展
2020年11月18日~11月25日

「同じ場所、同じ季節、同じ様な天気。毎年繰り返される同じような時間に飽き飽きし、また同じものを撮っていると思い込んでいた時期があった。だが、それは全くの別物で不変のものではないのだとある時に気づかされた。わざわざ遠くへ行かずともそこに暮らしている、ただそれだけでなにかを教えてくれる。この身近で平和なこの土地を、私はこれからも撮り続けるだろう。」(「ご近所論」より)

展示も回数を重ねてくると、次の展示のタイトルは何かを予想するようになります。絶対に当たらないと思いつつ、想像するときには必ず漢字二文字で考えます。「点滅」「当然」「図鑑」ときているのだから。そしたら「ご近所論」でした。かっこいい。

実家は選べないけど、独立して家を探すときには周辺環境を当然気にするものです。
便利さというだけじゃなく、好きなお店があったら、好きな道があったら、好きな景色があったら、なおよい。
住んでしまえばそれはすぐに日常になって、”近所”は視界に入らなくなる。
毎日見ているというほどにも見ていないのに、近所はつまらないものになっていく。
そしてそれが実家である場合には「自分で選んだわけではない」という気持ちが重なってますますつまらないものに見えてきます。
でもそれは見ていないから、つまらないのだろうな。
錦戸さんの写真を定期的に見る機会ができたことでそう思うようになりました。
地味かもしれないけれど、いつも我々は地味なものに大きく救われているのだと思います。

富山の山間の村で育った私、帰りたくなりました。

それにしても錦戸さんの展示のDMは毎回素敵です!

※錦戸俊康さんのnote
写真展「ご近所論」を終えて

Open post

Poetry ReadingLive

2020年11月8日 18:00~

福岡より天草に来られている元親ミッドさんのお誘いにより
(twitter @sheep_iron)
詩の朗読会をおこないました。
ポスターは元親ミッドさん作成。
天草のティーンエイジャーにも声をかけました。

当日は、朗読者もお客様も予想以上の方にご参加いただけました。
初めてお店に入ったお客様もいらしたと思います。
(その後お店には来てくださっていないような気がする・・・一体どこから、どこへ・・・)
終わったあと、家にある詩集を開いてみたよ、という嬉しい言葉。

この朗読会のときに話したことですが、
「小説家を見つけたら」という映画がとても好きです。
監督はガス・ヴァン・サント。ショーン・コネリー主演。
隠遁生活を送っている大作家が、黒人の青年に文章の書き方を教えるときに
「自分に見せるための文章は他人に見せるための文章に勝る」と語るんです。

正直なところ私は、人前で発表しなくても、まずは、自分に語ったらいいと思っています。
どんなときでも、自分は自分のそばにいて、読んでくれる。聴いてくれる。
そして詩情というのはわざわざ作り出すものではなくて、
生活の行為そのものに含まれていると思うから。

とはいえ、もちろん、あなたの言葉を聴いてみたい。あなたの声を聴いてみたい。
人前で読むことによって体に響く思いもあります。
そんな場所でありたいなあと強く思った夜でした。

Open post

「日々の気配」錦戸俊康写真展

「日々の気配」錦戸俊康写真展
2020年10月21日~11月4日

天草に住む陶芸家・木ユウコ(しげゆうこ)さんの写真冊子の作成をもとに開催されることになった展示。
天草大陶磁器展に合わせ、通常より長期間の開催となりました。

木さんのご家族とはわたしたちも親交があり、そして錦戸さんとも親交があり、いつもの錦戸さんの作品展示とは距離感が異なるように感じました。いらっしゃるお客様がどのように感じられるかなと思っていたのですが、もともと木さんの作品が好きな方も、初めて知られる方も、木さんというひとりの女性の姿にとても興味を持たれていることが印象的でした。

「日々の気配」の期間中、花を飾りたくなりました。
それはスペシャルな行為ではないけれど、一日の味が変わるようなスパイスとなります。
写真たちは、彩ることの面白さを思い出させてくれました。

※錦戸俊康さんのnote
写真展「日々の気配」を終えて

Scroll to top