Poetry ReadingLive

2020年11月8日 18:00~

福岡より天草に来られている元親ミッドさんのお誘いにより
(twitter @sheep_iron)
詩の朗読会をおこないました。
ポスターは元親ミッドさん作成。
天草のティーンエイジャーにも声をかけました。

当日は、朗読者もお客様も予想以上の方にご参加いただけました。
初めてお店に入ったお客様もいらしたと思います。
(その後お店には来てくださっていないような気がする・・・一体どこから、どこへ・・・)
終わったあと、家にある詩集を開いてみたよ、という嬉しい言葉。

この朗読会のときに話したことですが、
「小説家を見つけたら」という映画がとても好きです。
監督はガス・ヴァン・サント。ショーン・コネリー主演。
隠遁生活を送っている大作家が、黒人の青年に文章の書き方を教えるときに
「自分に見せるための文章は他人に見せるための文章に勝る」と語るんです。

正直なところ私は、人前で発表しなくても、まずは、自分に語ったらいいと思っています。
どんなときでも、自分は自分のそばにいて、読んでくれる。聴いてくれる。
そして詩情というのはわざわざ作り出すものではなくて、
生活の行為そのものに含まれていると思うから。

とはいえ、もちろん、あなたの言葉を聴いてみたい。あなたの声を聴いてみたい。
人前で読むことによって体に響く思いもあります。
そんな場所でありたいなあと強く思った夜でした。

Scroll to top