Open post

「眼前/集積」錦戸俊康写真展

「眼前/集積」錦戸俊康写真展
2021年2月17日〜2月24日

「眼の前の出来事を少しの期待と触発にまかせて写真に撮っている。
何度も直面し結果が見えてしまう場面でも、この一枚によって何かが変わるのかもしれないと思い動いてします。
自分のためだけに撮ったはずの写真は何を言ってくれるでもなく、ただただ集積していく。」(「眼前/集積」より)

※錦戸俊康さんのnote
写真展「眼前/集積」を終えて

Open post

「海外線」錦戸俊康写真展

「海岸線」錦戸俊康写真展
2021年1月20日〜1月27日

「対岸に見える半島や小さな島々、観光写真を見ただけで知ったつもりになっていた対岸のその先。あまりにも当然のことであり、視線や興味の中から消失していた光景がみるみる存在感を増し、この領域にも私が探す点滅があることを知った。」(「海外線」より)

※錦戸俊康さんのnote
写真展「海外線」を終えて

Open post

「隣人愛」錦戸俊康写真展

「隣人愛」錦戸俊康写真展
2020年12月23日~12月30日

「今は目の前の「人」という存在にも写真を通して向かっている私を強く意識している。
写真があるからこそ、私が出会えたもの、愛おしさを感じた時間を他者へ提示することができる。写真にすること、それこそが私にとってこの世界への愛を表現できるただひとつの方法なのだ。」(「隣人愛」より)

2020年最後の展示。

「隣人愛」という言葉は聞いたことがある。でもなじみがない。
隣に住んでいる人を愛しましょう。自分の身近な人々への愛。他者への愛。・・・・
あなた自身のようにあなたの隣人を愛さなければならない。という聖書の言葉。
私を愛するってことすらもう人々はしていないのに、他者を愛することなんて出来ないんじゃないかな?
と、基本的には思っている。

「身近な人」という言葉にぴんときていないのかもしれない。
家族とごく親しい友人。これを身近な人ともいうのでしょうが、もう少しフランクでもよい気がする。

天草に来てから出会った人。もしかしたら日本全国同じなのかもしれないけど、
天草という場所は人と人の距離をいきなり縮める空気がある。
こんにちは、の次に、隣人愛って何だと思う?と話せるような雰囲気。
大切な人が増えた。思い出すだけで心元気になれるような存在の人が増えた。
これは身近な人なのかも。その人たちのことを想っている時間は愛なのかも。
しかしこの「愛」という言葉、この言葉って、日本語として適しているのでしょうか?
ちょっと考えてみる必要があります。

見知った人、初めて出会う人。たくさんの人の写真。
こちらを見て笑顔で写っているというのは最高の姿だと思う。

そして今回は本屋さんの誕生日もかねてみんなでごはんを食べた。
龍華園の出前を頼んでミシマ社のロゴマークのケーキを食べた。

そして最後にそれぞれの写真を持って錦戸さんに写真を撮ってもらった。
ああ幸せ。こんなに幸せでいいんだろうか。
大好きな人々が、大好きな場所をより身近にしてくれる。

※錦戸俊康さんのnote
写真展「隣人愛」を終えて

Scroll to top